世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
グリーンツーリズム
所在地
能登一円
カテゴリ
自然・景観
分類
農業交流人口の拡大
年代
20世紀~21世紀
解説
農山漁村に滞在して土地の自然や文化、人々との交流を楽しむグリーン・ツーリズムが能登各地で展開され、定着しつつあります。能登町宮地・鮭尾地区で農村再生を目指す有志グループ「春蘭の里実行委員会」が平成9(1997)年に農家民宿「春蘭の宿」を開設し、反響を得たことが大きな弾みとなりました。七尾市南大呑(おおのみ)地区でも、「大呑地区グリーン・ツーリズム推進協議会」が海、川、里山がそろう地域の特性を生かした数多い体験型メニューを用意し、グリーン・ツーリズム拡大のけん引役となっています。また、グリーン・ツーリズムの重要な要素である里山景観を維持するため、石川県が春蘭の里地区(能登町宮地、鮭尾、太田原、柏木、山田)を平成24(2012)年に景観形成重点地区に指定しており、白壁黒瓦の美しい家並みの保存も図られています。
素材リンク
備考
閲覧数
1705回
保管者:―