世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
旧福浦灯台(キュウフクラトウダイ)
所在地
志賀町福浦港
地図
カテゴリ
歴史・史跡
分類
歴史的建造物
年代
17世紀~19世紀
指定状況
・県指定史跡(1965.3)
解説
現存する木造洋式灯台としてはわが国最古のもので、日本海を見下ろす高台に明治9(1876)年に建てられ、昭和27(1952)年まで使用されました。かつて北前船(きたまえぶね)が寄港した時代の繁栄を伝える数少ない歴史資産であり、同40(65)年に石川県指定史跡になっています。木造四角形の灯台の高さは5m、内部が3層となっています。長年にわたって潮風や雨に打たれ、外装の傷みが激しくなったため改修工事が行われ、平成21(2009)年に瓦葺(ぶ)きにお色直しして完成しました。灯台は慶長13(1608)年、福浦の日野家が港入り口の日和(ひより)山断崖で、篝火(かがりび)をたいたのが最初とされています。記録によると、元禄5(1692)年、11代日野長兵衛が石垣を築いて灯明堂を建て、明治43(1910)年、旧福浦村村営になるまで維持しました。
素材リンク
備考
閲覧数
1196回
保管者:―