世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
角海家(かどみけ)
所在地
輪島市門前町・黒島町
地図
カテゴリ
歴史・史跡
分類
歴史的建造物
年代
17世紀~19世紀
指定状況
・国重要伝統的建造物群保存地区(黒島地区)(2009.6)・県指定有形文化財「角海家住宅及び土蔵」(1972.8)
解説
輪島市南西部に位置する門前町黒島町は、かつて北前船(きたまえぶね)の寄港地として栄えた天領でした。船問屋を営んだ角海家は、幕末から明治前半にかけて隆盛を極め、最盛期には7隻の北前船を所有していました。現存する角海家住宅は明治5(1872)年に建てられ、主屋は木造平屋建て、切り妻造り、平入り、桟(さん)瓦葺(ぶ)き、通り庭形式の間取りです。土蔵は3階建ての家財蔵、2階建ての塩蔵、小豆蔵、米蔵の計4棟があり、典型的な船問屋形式の姿を今に伝え、県指定有形文化財に指定されています。平成19(2007)年の能登半島地震で全壊しましたが、同23(2011)年に復元され、収蔵品とともに一般公開されています。一帯は角海家以外にも船問屋の建物が残り、国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けています。
素材リンク
備考
閲覧数
1545回