世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
能登白ねぎ(ノトシロネギ)
所在地
七尾市、羽咋市、穴水町、能登町、中能登町、志賀町
カテゴリ
農林水産・食品
分類
農産物及び海産物
解説
能登白ねぎは主に水田の転作作物として栽培され、8月上旬から12月までの長期間出荷できます。品種はホワイトスター・夏扇4号で、葉鞘(ようしょう)部の白と緑の部分が明確で、緑色部分の葉先まで柔らかいのが特徴です。葉の白い部分を太く長くするため、何度も土寄せを行い丹念に育てています。食感はハリがあり、辛みは少なくほのかな甘みを感じさせます。ビタミンCやアリシンを多く含み、血行をよくして体を温める作用や疲労回復に優れたビタミンB1の吸収を高める効果があります。能登野菜振興協議会が「能登野菜」に認定しています。
素材リンク
閲覧数
909回