世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
能登野菜(ノトヤサイ)
所在地
能登一円
カテゴリ
農林水産・食品
分類
農産物及び海産物
解説
能登地域の農協と市町でつくる能登野菜振興協議会では、三方を海に囲まれて夏涼しい気候や粘り気の強い赤土の土壌など、能登の風土を生かして栽培する16品目を「能登野菜」に認定しています(平成27〈2015〉年9月現在)。「能登伝統野菜」と「能登特産野菜」の2種類があり、能登伝統野菜は地域の伝統料理に用いられ、30年以上栽培してきた歴史を持つ野菜で、中島菜、沢野ごぼう、金糸瓜(きんしうり)、神子原(みこはら)くわい、小菊かぼちゃ、かもうりの6品目。能登特産野菜は、能登地域を代表する品種として戦略的に生産と販売の拡大を進める能登かぼちゃ、能登赤土馬鈴薯(ばれいしょ)、能登山菜、能登白ねぎ、能登すいか、能登金時(きんとき)、能登ミニトマト、能登長なす、能登だいこん、能登ブロッコリーの10品目です。いずれも、厳しい品質管理を行い付加価値を高めるなど、ブランド化が進められ、生産者の意識向上と地域振興につながっています。
素材リンク
備考
閲覧数
1580回