世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
寒鮒(カンブナ)
所在地
羽咋市千路町(チジマチ)
カテゴリ
農林水産・食品
分類
農産物及び海産物
解説
羽咋市の邑知潟(おうちがた)では、毎年12月から2月頃まで投網(とあみ)を使った寒ブナ漁が行われています。とれるのは主にヘラブナで、体長が20~30cm、大きいものは50~60cmにもなります。冬のフナは身が引き締まり、脂が乗っておいしさが増します。地元では、寒ブナを使った料理がよく食べられ、刺し身や小さなものを背開きにして串(くし)に刺し、照り焼きにする「すずめ焼」などが家庭の味となっています。
備考
閲覧数
1328回