世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
アマメハギ
所在地
輪島市門前町、能登町秋吉
カテゴリ
祭礼・風習
分類
慣習・その他
指定状況
・国指定重要無形民俗文化財(1979.2)
解説
「ガチャ」と呼ぶ鬼や天狗、猿の面を付けた一行が家々を訪れ、「怠け者はおらんか」と小さな子どもを戒めて回るのがアマメハギで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。能登に古くから伝わる正月行事で、家庭の災厄(さいやく)を払う願いも込められています。アマメとは、働かず囲炉裏や火鉢に長くあたっていると足にできるアザ状の跡のことで、それをノミやツチで引きはがすのがアマメハギです。アマメハギは1月~2月に行われ、耕作が始まる春を前に農民の怠惰を戒めようとしたのがルーツともされます。また、アマメハギは秋田県男鹿(おが)地方のナマハゲと似た点が多く、年越しの節目に神様が家々を回るという日本人の信仰の原型を残しているとも考えられます。
素材リンク
備考
閲覧数
1697回
保管者:―