世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
三番叟(サンバソウ)
所在地
中能登町能登部下
カテゴリ
祭礼・風習
分類
慣習・その他
指定状況
・中能登町指定無形民俗文化財「神事舞(三番叟)」(1984.4)
解説
能登比咩(ひめ)神社で毎年4月の春祭りの際に演じられる神事舞のひとつ。柿色の着物の上に縹(はなだ)色の素襖(すおう)を身につけ、引立烏帽子(ひきたてえぼし)に白い鉢巻を巻いた少年が、夜中に終始無言のまま囃方(はやしかた)に合わせて1人で踊ります。年の始めに三方(さんぼう)を持ってお供えする姿や、右手を振って種まき、足踏みで田打ちを再現するなど、1年12カ月の農事にかかわる所作を演じており、五穀豊穣を祈る祝いの舞となっています。昭和59(1984)年に町無形民俗文化財に指定されました。また、春祭りでは三番叟のほか、青年による奉幣(ほうへい)行事、幼児による乙女神楽舞も披露しています。

素材リンク
備考
閲覧数
1297回
保管者:―