世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

  • トップ >
  • きびだんごっ粉・きびっこ餅
名称
きびだんごっ粉・きびっこ餅(キビダンゴッコ・キビッコモチ)
所在地
穴水町沖波
カテゴリ
農林水産・食品
分類
農産加工品及び海産加工品
年代
20世紀~21世紀
解説
きびだんごっ粉は製粉したキビともち米を配合した商品で、水でこねてゆでるだけでキビ団子を作ることができます。きびっ粉はキビ団子にあんを入れた商品です。町内外のイベントなどで販売するほか、地元の小学校ではきびだんごっ粉を食育の授業に活用しています。生産しているのは穴水町沖波の農家の主婦グループ、沖波きび加工組合です。沖波では古くからキビ栽培が盛んで、毎年稲刈りが一段落した10月に収穫し、集落の人々はキビ団子やキビ餅にして食してきました。地域の伝統食を広く知ってもらうため、平成2(1990)年に結成した組合では、休耕田でキビを栽培するほか、平成8(1996)年には加工施設を新設し、特産品づくりに取り組んでいます。
素材リンク
閲覧数
1284回