世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
かじめ(カジメ)
所在地
能登一円
カテゴリ
農林水産・食品
分類
農産物及び海産物
解説
かじめは、正式には「ツルアラメ」と呼ぶ海藻で、日本海側にだけ生息しています。水深1~20メートルの海中に、茎にギザギザの形をした緑色の大きな葉の付いた状態で生え、特に、波が強くあたる岩場に多く見られます。収穫のピークは1月~5月で、寒さが厳しくなるとともにおいしさを増し、能登では古くから旬の時期は生、それ以外のシーズンは乾燥させて保存食としてきました。生かじめは粘り気が強く、独特の食感を楽しむことができ、乾燥させるとぬめりが抑えられ、クセがなく食べやすくなります。刻んで粕汁(かすじる)の中に入れたり、油揚げと一緒に煮物にしたりするなど、能登ではさまざまな料理に使われています。ヨウ素やカルシウム、鉄分など、栄養分も豊富に含まれています。
素材リンク
備考
閲覧数
1335回