世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
ローエルの碑(ローエルノヒ)
所在地
穴水町川島、由比ヶ丘(ユイガオカ)台地
カテゴリ
歴史・史跡
分類
歴史的建造物
年代
20世紀~21世紀
解説
太陽系に冥王(めいおう)星が存在することを予測した業績などで知られるアメリカの天文学者で日本研究家のパーシバル・ローエルは、明治22(1889)年に能登を訪れました。東京から富山県の氷見(ひみ)を経由して能登に入り、旅の折り返し地点として足を運んだのが穴水町でした。美しい風景に心を奪われたローエルは、著書「NOTO」の中で穴水町を紹介しています。ローエルの功績をたたえ、昭和56(1981)年、穴水町由比ヶ丘台地に顕彰碑が建てられました。顕彰碑の形は、穴水とアメリカをローマ字で表記して先頭に来る「A」を模しています。さらに、平成12(2000)年には、ローエルが上陸したとされる同町真名井(まない)川の船着き場に、高さ1メートル、縦横25センチ四方の記念碑が建立されています。
素材リンク
閲覧数
1154回
保管者:能越ケーブルネット株式会社