世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
酒・酒蔵(サケ・サカグラ)
所在地
七尾市、輪島市、珠洲市、羽咋市、能登町、中能登町、宝達志水町
カテゴリ
農林水産・食品
分類
農産加工品及び海産加工品
解説
能登地方には、清酒の醸造に欠かせない「米」「水」「技」の3つの条件がそろっています。米は酒造好適米の五百万石(ごひゃくまんごく)など、水は里山が育んだ清らかなわき水を使い、日本四大杜氏(とうじ)に数えられる高い技術を誇る能登杜氏ら蔵人(くらびと)が丹精して仕込みます。能登の酒は地元料理に合う「芳醇旨口(ほうじゅんうまくち)」が一般的。現在、能登4市3町に15の酒蔵があり、地元の愛飲家に親しまれています。近年は普通酒に加えて、高精白して酒質を追求した吟醸酒、大吟醸酒も多く仕込まれ、県外にもファンが広がっています。
備考
閲覧数
1133回
保管者:―