世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
ころ柿(コロガキ)
所在地
志賀町、中能登町後山地区、羽咋市上中山町
カテゴリ
農林水産・食品
分類
農産加工品及び海産加工品
解説
民家の軒先で「ころ柿」を干す風景は、能登の晩秋を彩る風物詩で、志賀町や隣接する中能登町後山地区で主に生産されています。使用される「最勝柿(さいしょうがき)」は、山あいに自生する在来種の渋柿で、渋みが強いものの糖度は高く、乾燥によって渋みが抜けると、濃厚な甘みが残ります。10月下旬から11月上旬に収穫し、皮をむいた柿を2個セットにして糸で結び、竿(さお)にぶら下げます。自然乾燥させる前に燻蒸(くんじょう)室に入れていぶすのは、殺菌や乾燥中の腐敗を防ぐほか、独特の飴(あめ)色を引き出すためです。その後、天日で乾燥させ、次に「手もみ」作業を行います。中の水分と肉質を均質にする工夫で、1個ずつ手作業のため大変手間がかかります。仕上げに火力を使って乾燥させ、涼しい場所にしばらく置くことで、糖分が柿表面に浮き出して結晶化し、白い粉をふきます。出荷は例年、11月下旬からで、志賀町の「道の駅ころ柿の里しか」などの農産物直売所では、能登名産のころ柿を買い求める多くの人でにぎわいます。
備考
閲覧数
1623回
保管者:―