世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
イモ菓子(イモガシ)
所在地
珠洲市・能登町
カテゴリ
農林水産・食品
分類
解説
能登を代表する銘菓で、ニッキ(シナモン)をまぶして焼き上げた皮の中には白あんが入っており、サツマイモそっくりの形や色からこの名前が付いています。外側はサクサク、中はしっとりとした異なる食感を楽しむことができ、口の中に素朴な甘みが広がります。大正8(1919)年、泉谷(いずみや)菓子舗(珠洲市飯田町)の3代目泉谷満寿栄氏が考案したもので、現在では珠洲市や能登町などの和菓子店で作られています。串をさして焼き上げたり、イモの筋に似せて糸コンブを入れたりと各店が趣向を凝らし、さまざまなイモ菓子を販売しています。
閲覧数
632回