世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
チシャ菜(チシャナ)
所在地
輪島市深見町
カテゴリ
農林水産・食品
分類
農産物及び海産物
年代
20世紀~21世紀
解説
レタスの一種で、別名「包み菜」、韓国では「サンチュ」と呼んでいます。奈良時代に伝わったとされ、おひたしにするなどして一般家庭で食べられてきました。体内でビタミンAに変わるβ(べーた)カロテンとレチノールのほか、カルシウムや食物繊維、鉄分といった栄養を豊富に含み、しみやニキビ、老化、動脈硬化などの予防が期待できます。戦後、玉レタスの普及に伴い、徐々に消費量が減っていましたが、焼き肉を包む葉物野菜として食べられるようになり、生産が増えています。深見町一乗地区の住民が地域の特産品として育てていこうと、平成21(2009)年から本格的に生産に取り組んでいます。
閲覧数
1091回