世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
ばっこ祭り(バッコマツリ)
所在地
中能登町能登部上
カテゴリ
歴史・史跡
分類
慣習・その他
指定状況
・中能登町指定無形民俗文化財「能登部神社ばっこまつり」(2002.12)
解説
毎年11月17日から21日までの5日間、能登部神社で行われる祭りで、子孫繁栄と収穫に感謝し豊作を祈ります。苗裔祭(びょうえいさい)とも呼ばれますが、これは大己貴命(おおなむちのみこと)の能登巡行の際、祭神の能登比古(ひこ)神が濁り酒と団子を献じたところ、大己貴命がこれを褒めて「わが苗裔(末孫)となさん」と言ったことに由来します。祭りは、男神である能登比古神が年に一度、西馬場入合の愛宕(あたご)神社の女神と逢瀬(おうせ)を交わすもので、町無形民俗文化財に指定されています。19日は女神を迎える奉迎(ほうげい)祭が行われ、氏子たちが能登部神社から愛宕神社までの約1kmの道のりを深夜、無言で歩き、愛宕神社拝殿で神事の後、再び無言で能登部神社へ帰ります。男神と女神は能登部神社で2晩をともに過ごし、21日に還御祭(かんぎょさい)が行われ、女神が愛宕神社に帰ります。奉迎祭では、直会(なおらい)で氏子たちに菜飯と一汁二菜、どぶろくが振る舞われることから、「どぶろく祭り」とも言われています。
備考
閲覧数
1869回