世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
ヤマトミクリ
所在地
能登一円
カテゴリ
自然・景観
分類
生物
解説
水田やため池に多く生息する多年生の植物で、水底の土壌に根を張り、葉や茎を水面上に出す抽水(ちゅうすい)植物の一種です。本州や四国、九州まで広く分布し、名前は大和地方に多く植生していることに由来します。約1メートルの高さまで生長し、花期は5月~9月。同じ抽水植物のミクリとも似ていますが、枝分かれせず花が並んで咲く点や、1本の茎に並んで実が形成されるのが特徴です。越冬時は水面に葉を浮かせたり、水の中に沈んだりした状態となります。石川県内では、池や沼の開発、水路の減少などによって生息域が狭まっており、環境省と石川県のレッドリストでともに絶滅危惧II類に指定されています。
閲覧数
1016回