世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
能州紬(ノウシュウツムギ)
所在地
輪島市門前町千代
カテゴリ
生活・匠の技
分類
解説
輪島市門前町で作られている絹織物で、能登の海で採れる海藻で下染めをし、草木染めを施した糸を用いて絵を描くように独自の手繍織(てすくいおり)で仕上げるのが特徴です。京都・西陣で草木染めを手がけていた上島洋山氏が昭和42(1967)年に能登を訪れた際、夕日の美しさに惚れて移り住み、里山里海の自然を生かして開発しました。植物染料を使ったやさしい色合いと繊細なデザイン、着心地のよさが評判で、上島氏が立ち上げた絲藝苑(しげいえん)では、普段着としてだけでなく、フォーマルな場でも着られる紬を制作しています。
閲覧数
724回