世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
トキの保全活動(トキノホゼンカツドウ)
所在地
能登一円
カテゴリ
自然・景観
分類
里山保全の取組及び教育
解説
トキは里山里海を生息地とした鳥ですが、明治以降の乱獲による数の減少や、昭和以降の開発や農薬の多用による生息環境の悪化によって、野生のトキは絶滅してしまいました。平成20(2008)年9月、人工繁殖した10羽のトキを放鳥して以降、野生復帰の取り組みが進められています。トキが生息するためには、ドジョウなどエサとなる多様な生きものが豊富な水田やため池、ねぐらとなる健全な森が必要です。能登では、野生のトキが再び舞うことができるような里山里海を創造しようと、環境保全型農業や生物多様性の保全を進めています。
備考
閲覧数
605回