世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
巻きブリ(マキブリ)
所在地
七尾市南大呑地区
カテゴリ
農林水産・食品
分類
農産加工品及び海産加工品
解説
巻きブリは、寒ブリを熟成させて作る保存食です。現在、七尾市南大呑地区の池岡家で100年ほど前から代々継承されています。七尾湾に面したこの地区で水揚げされた寒ブリをさばき、塩漬けし、陰干ししたあと、虫がつかないようにビニールの上から藁でくるみます。それをロープでぐるぐると巻いて固定して、半年間熟成させて作られます。手間と長い年月を経てできあがった巻きブリは、まるで生ハムのような食感で、その美味しさから高級食材としても知られています。また、背中部分はあっさりと、脂ののったトロの部分は濃厚などと、部位によっても味わいが異なります。もともとは、家族や親戚など、多くの人が家に集まるお盆の時期に、冬場ほどの豊富な海の幸を楽しめないということもあって、巻きブリは夏の間のごちそうとして重宝されてきました。
備考
閲覧数
710回