世界農業遺産「能登の里山里海」の写真・映像資料の紹介サイト

DIGITAL ARCHIVE

メニュー

名称
須須神社(スズジンジャ)
所在地
珠洲市三崎町寺家
地図
カテゴリ
歴史・史跡
分類
信仰
年代
~10世紀
指定状況
・国指定重要文化財「木造男神像」(1950.8)・国指定天然記念物「須須神社社叢」(1975.6)・県指定有形文化財「須須神社文書」(1982.1)
解説
能登半島の先端に位置し、日本海側一帯の守護神とされる神社です。高座宮(たかくらのみや)と金分宮(きんぷんのみや)からなり、奥社の山伏山(標高172メートル)山頂に奥宮があります。高座宮は天津日高彦穂瓊瓊杵尊(あまつひだかほこににぎのみこと)と美穂須や須美命(みほすずみのみこと)、金分宮は木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祭っています。「三崎権化(ごんげ)」「三崎明神」とも呼ばれる古社で、平安時代の延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)に記載されています。社伝によると、崇神(すじん)天皇の時代に山伏山に創建され、天平勝宝年間(749~756年)に現在地に移ったとされます。文明年間(1469~1487年)以降、戦乱で社堂の多くが消失しましたが、天正14(1586)年に前田利家が訪れた際に祈願所として再興し、慶長19(1614)年には社殿や鳥居、勅使(ちょくし)橋などが修理されました。奉納される木造男神像は国指定重要文化財、文書73通が県指定有形文化財、社叢(しゃそう)は国指定天然記念物となっています。
閲覧数
1245回